沖縄医療レーザー脱毛と夜のお風呂

subpage1

沖縄医療レーザー脱毛のお手入れを病院でしたら、その日の夜のお風呂には注意事項があります。



毎日のバスタイムは、1日の疲れを洗い流して、体も心もリセットできる至福の時間です。毎日頑張って仕事をして、気を使ったり神経をとがらせたり、周りへの意見を伝えたりと、何かと神経も体力も使うのが日本人です。

でもその疲れもストレスも、翌日まで持ち越すことなく、お風呂の時間に洗い流してしまうのが、心身ともに健康にも良いことです。


夜はゆっくりとお風呂の時間をもって、湯船につかりたいという日本人は、とても多くいるものです。

ですが沖縄医療レーザー脱毛のお手入れをした夜だけは、いつもとは少し違います。

沖縄の脱毛について詳しく知りたいならこのサイトです。

その日は肌の状態がいつもよりもかなり弱いです。

だから沖縄医療レーザー脱毛をした日だけは、夜のお風呂はお休みをします。

お風呂の中にお湯を張って、お湯に体を長時間浸けるという行為を、その日の夜はお休みという意味です。

レーザー光をたっぷりと脱毛のために肌が受けているので、見て分からないですが、肌はまだ熱がある状態です。熱がある状態というのは、肌がとてもナイーブなので、お風呂に浸かると熱が上がることになります。

livedoorニュース関連情報を紹介しています。

すると肌は弱いところに、さらに熱が加わるので、肌が荒れてしまったり、かゆみが出たりするトラブルを生じやすいのです。
赤みが増すのも、皮膚のトラブルなので心配になります。

だから医療レーザー脱毛処理を行った夜だけは、ソフトなシャワーで済ませることです。